ゆらゆらと、黒い水を隔てて呪われているような気分だった。未完成な絵も、未熟なわたしも、掬いあげてくれた君の瞳が、描いてみたかったの。だからそう、――答え合わせをしよう。その答えがきっと、君を描きたい本当の理由だ。



セ ピ ア ア イ


冬までの限定公開(予定)