幼い頃からずっと一緒だった友人が自殺した。
かつては大好きだった大嫌いな彼女の死に喜びすら感じていた私に、憔悴しきった友人の母は私宛と記された遺書を差し出した。