『戸崎真』が命を落とした。大雨の中、たくさんの人が彼の死を悔やんだ。僕はただそれを眺めていた。







誰かを愛することに間違いがあるのなら




生まれてこなければよかった




そう思えてしまうほどの恋を僕はした