突然、学校で同級生に襲われたおれ。
気が付けば襲撃者本人と一緒に何もない空間にいた。
風鈴の音に導かれ歩いた先には、幼少時代を過ごした家が。
そこで否応もなく、おれは死んだ父さんのことを思い出す――。