関東No1実質全国No1の暴走族「狂鬼《きょうき》」がT街を中心にして人々を武力と恐怖で支配していた。
 ー逆らうものには制裁を 
 ー歯向かうものには粛清を
 リンチに強姦、薬と最低で最悪な支配に、1000人にものぼるメンバーによる圧倒的な武力の前で屈していた。
  幾度となく警察も介入を試みた…

 



 澄み渡るように広がる青空と


 出会いを祝福するように空を舞う花びら



 じり、新たな出会いに笑顔をわす人々





   _____それらがよく見える空に近いその場所で





 「あなた達は誰なの?」


 首を傾げる少女と、



 「クックック、俺らのこと知らねぇのか」


 笑う彼ら。




 「え、っと会ったことありますか.......?」


 少女は、恐る恐るというように眉目秀麗な彼らを見上げる。



 「お前、面白いな。名前はなんて言うんだ?」


 5人組の真ん中に立つ一人の男が、小動物みたいな少女に問う。




 「私の名前は、-----、---です。」


 自己紹介をする少女と、



 「そうか、ーーー、か。俺らは、----だ。


  お前、--になれ」


  彼らが、


 運命と呼ぶような出会いがあった_______










ある日街のネットワークに"大きな爆弾"が放たれ、瞬く間に街を駆け巡った。




 「おい、聞けよ皆!!


   

  あの、最強の正統派暴走族〈光龍〉に


   





メンバーが溺愛し幹部が寵愛する "光姫" ができたらしいぞ!!!」










                    

_***_


登場人物は


人々が熱狂する、No1暴走族光龍

美形幹部お姫様



「一目惚れしました」


「近づくな‼…助けてジョゼフ!」


「まさか、こんなことになるなんて」


「…かんべんしてくれ」


「黙れ、ブスが‼」



能天気だったり、

変人だったり、

お姉さまだったり、

保護者だったり、

反抗期中だったりの


 謎を抱えた彼等








    ☠×30 +  💧×30  + ♥×60 + ?×∞


デンジャラスで、スリル満点で、甘酸っぱい何かがあって、謎も秘密も過去も未知数



   -そんな120%目が離せない彼らが積み上げた思い出を。



執筆開始~2019/08/11








    *この作品は、夢叶チカのオリジナル世界のため、作中に出てくる登場人物・地名・チーム等は、現実世界とは全く関係ありません。

    

    *流血シーン・傷害シーン・犯罪行為・未成年での飲酒等の表現がありますが、この作品は犯罪を推奨するものではありません。


    *いろいろな考え方や生き方、趣向が出てきますが、物語の展開上、または登場人物の性格に合わせるためですので、皆さま個人の考え等を批判したり、冒涜しているわけではありません。