愛おしさと切なさが大渋滞でした。対照的な二人ですが、ひとりで何でも抱え込んでしまう夏生ちゃんを、真澄さんが不器用ながらに懸命に支えようとしている姿に心を打たれました。夏生ちゃんが真澄さんに過去の恋愛や劣等感を打ち明けるシーン、夏生ちゃんの心の叫びのシーンから夏生ちゃんの気持ちが痛いほどに伝わって、また、夏生ちゃんを受け入れたい、支えたいという真澄さんの想いも伝わって、胸が締めつけられました。最初の頃の真澄さんの仕事モードとプライベートモードのギャップには悶えましたし、夏生ちゃんと真澄さんが関わることでお互いに変化していく姿が何とも言えない尊さで心が満たされました。二人が尊すぎます。