しんおん~心の温度はいま、何度ですか?~

作者オオヌキ

それは昔の記憶。声をかければ振り向いてくれた、手を伸ばせば触れられた。なのに今は、君と会うだけで罪になる。でも僕は、君を忘れられない。だから、会いにいく。世界に恨まれようとも、君に。

※他小説投稿サイトでも、同タイトル、同作者名で公開しています。