☆あらすじ(ネタバレ注意!)☆
主人公、凪礼一は回路師である。回路師とは『天然に存在する[気]や、自分の中にある[気]』を回路を通す事によって、様々な効果を発揮させる者の事を言う。
凪は回路を使って楠田正義というチンピラヤクザを友達にする。一人では対処不能な事態が迫っているからだ。
まず、重石の会…

『敵』って作るの難しいですねー。この作品では過去の因縁も含めて自然作れました。

回路を使った戦闘シーンをご堪能あれ!

【4】辺りから回路バトルに突入しますね。回路師の意外なルーツも終盤で明かされます。