僕は父の顔も
母の顔も知らない。
一度も会った事がない。
十八になった時
僕はついに探し当てたのだ。
その人のいる町を。

僕の事忘れていましたか