高校一年生の九条忍は、お姫様に憧れる女の子。
だけど、中学生の時のある出来事から、その気持ちを心の奥に閉じ込めてしまった。
そんな中、文化祭の出し物で王子様を演じることになり……?
女の子らしさも、男の子らしさも、似合うも似合わないも全部全部取っ払って、好きなものを好きだと言いたい。
それってそん…

緩く巻いた長い髪も、


フリルのついた洋服も、


ヒラヒラのスカートも、


大きなリボンも、




私には似合わないって知っている。




「九条って、男みたいだな」






あの日、放たれた悲しい呪縛が


私の憧れを心の奥に追いやった。





私は、お姫様にはなれない。







高身長の美形な女子高生


九条 忍


×


いつも寝てばかりいる美形な男子高校生


一ノ瀬 葉








「私が、王子様……?!」



お姫様になれなかった私が、

文化祭で王子様役を演じることに。




「愛美ちゃん、本物のお姫様みたい」



憧れのドレスを着るのは、

本当のお姫様だけ。




男みたいな私には、


どれだけ手を伸ばしても届かない。





「九条だって女の子だろ」





諦めたはずの憧れを、


君だけは手を離さずにいてくれたんだね。




「九条、それは可愛すぎ……」


「なっ……?!」









* 放課後プリンセス *





放課後の間だけ、魔法をかけて。