“なんでもいい”という言葉を嫌う人間は多いので、あらかじめ、候補を記しておきたいと思います。