凌子はガールズバーで働く女子大生。
バイトから帰る途中偶然血を浴びた男と出会う。
その男、まよは実は殺し屋だった。

まよの素性を知っていく凌子は、今までに感じたことない興奮で満たされていく。

殺し屋を綺麗だと言う凌子に、まよは手を差し伸べた。











「あなた、殺し屋なの?…綺麗ね、」