「朝凪ってなに?」
朝陽をまっすぐに浴びる彼が、そう聞いてきた。


夏の光に目をつむった瞬間に、あなたは私の世界に現れた。




「可愛い名前。似合ってる。」





この町では目立ってしまうくらい、きれいに笑うひと。