爽やかな同級生に恋をする女の子の話。

学生の頃に好きだった人は、不毛な片思いをしていたのでした。

大晴くんはいつになったらあたしを好きになってくれるんだろう?




ずっと待ってたの、誠実で、優しくて、爽やかな人。




ピッタリだった。




学生のあの頃のあの人。





卒業してからまた会う日が来るなんて思ってもいなかった。





照れるとオレンジ色に染まって、困ったように笑う顔はあの日のまま。