図書室の住人、ときどき正義の味方。【完】

作者矢絣百夏

図書室にいるのが好きな俺の一番好きなもの。
図書委員のあの子が返却された本を棚に戻す音。
だけど。あの子への嫌がらせ現場を目撃したことで、そんな居心地の良い時間は消えてしまう。




俺がほんの少し勇気を出すだけの、

つまらないけど大事な話。