優しい香坂キャプテンなんて、想像もしませんでした。










『俺に話せば?全部聞くから――』






いっつも冷たいくせに。


厳しいことしか言わないくせに。


なんで今日に限って優しくするの?





そう言って苺ミルクを差し出す彼を睨みつければ、


それはそれは柔らかく微笑まれた。