その少年には、一人きりになると現れる少女がいた。
 少女は「あと五分で世界が消滅する」と言う。
 少年が世界の最後にすると選んだのは、『いつも通りの会話』だった。