彼女の嘘と隠し事

作者花町

これは私の最大の隠し事。










「なぁ、お前さ」



彼が悲しげに問う






「もしかして」



数秒後





彼女の嘘と隠し事





彼は私の隠し事を知るだろう