溺愛アンビバレンス【完】

作者春名七虹

どんなに私を甘く抱いても、きみは私のものにはならない。これは、最低だったあの頃の私たちの物語。



私たちの関係は


いくつかの嘘と不誠実と


確実に訪れる終わりのうえに


成り立っていた