桜が織りなす一つの恋。【完結】

作者広瀬可菜


「さっきはごめん」


巧人の口から続く、言葉の意味を受け止める勇気が、今までなかった。


私の好きになった人には、大好きな人がいます。

好きになった大好きな人には、大好きな人がいます。

私たちの切なく、叶うことがない恋の行方を、見届けてくれますか?



「さっきはごめん」


巧人から聞く、言葉の続きは、私と巧人の関係を終わりにする―――



ずっと彼氏がいる先輩に恋をしている 

巧人

×

切ない恋を続ける巧人を好きになってしまった

眞衣



2人の恋の終着点は―――


「さっきはごめん」の続きにあり、



*完結しました。