二つの人生が時を違えたのも、君が僕以外の人との人生を選んだのも、きっとそういう運命だった。
それでも僕は、