一対の光を失ったあの日から、星の無い闇夜の中を彷徨い続けている。
進むべき道も、行先も分からぬまま。私は今日も刀を振るう。「これが、私の贖罪」ーーーただ、彼の日の答えを求めて。