希くばヤクザの娘と別れたい

作者るいるい

何故かヤクザの娘だと思われているごく普通の一般家庭の女の子と、彼女をヤクザの娘だと思い込み怖がるチャラい男の子の話。







「好きです!付き合ってくれ!」


「ひぃっ!!!はい!!」



うっかり告白をオーケーしちゃった相手は、


ヤクザの娘でした。




画像タイトルを入力…

「参拝してくる!!!」



 

希くば、あのヤクザの娘と別れられますように。


(オレの身に何事もなく、円満に解決しますように)