隠れオタクの女子社員は若社長に溺愛される

作者永久保セツナ

「少女趣味」ならぬ「少年趣味」(プラモデルやカードゲームなど男性的な趣味)を隠して暮らしていた女子社員・能登原こずえは、ある日勤めている会社のイケメン若社長・藤井スバルに趣味がバレてしまう。
しかしそこから二人は意気投合し、やがて恋愛関係に発展する――?
肝心のターゲット層である女性に理解できるか…

私の名前は能登原こずえ。二十五歳女性。藤井コーポレーションの総務部で働く平社員。

私には秘密がある。それはこの会社の若社長に片想いしていることと、少女趣味ならぬ趣味を持っていること。

しかしある日、遠くから眺めて拝んでいるだけだった若社長のほうから私に急接近!?

しかも私が少年趣味を持った変人女だということがバレてしまって、絶体絶命――かと思いきや、何故か意気投合してしまって……?


「能登原さんとお話しているうちに、いつしか惹かれていました」


……これ、もしかして目が覚めたら病院のベッドの上とか、そういうオチじゃないのかな?


若社長×女子社員のちょっと過剰な溺愛甘々オフィスラブ!