肉団子系令嬢の婚約破棄から始まる幸せな結婚とクリスマスプレゼント~○○ジャの贈り物~

作者あき

クリスマスに、ちなんだ短編です。

「フレア!君のようなダンスが下手な肉団子との婚約は破棄させてもらう!」


フレアは半年前の、初夏の舞踏会での出来事を思い返していた。


ぽっちゃり系伯爵令嬢のフレアはダンスがあまり得意ではなかった。運動は嫌いではないが、胸元が大きくて足元が見えないのだ。今まで、ダンスで失敗したことは無かったが、その日は運悪くダンス中に婚約相手の子爵令息の足を踏んでしまった。


「ギィャアア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ーー!!」


足を踏まれた彼は舞踏会のホール中に響きわたる、生まれたての悪魔のような大絶叫を上げてしまった。

すぐに彼はホールの端に運ばれて医師に診断されたが、幸い子爵令息の足は骨折などはしていなく、少し赤くなっていただけであった。

周囲は大袈裟な彼の反応に、少し笑ったが、恥をかかされて激怒した彼は、謝罪し縮こまっていたフレアに対して、ダンスホールに響き渡る大声で婚約破棄を言い渡したのだった。



フレアは元から婚約者が好きではなく、恋愛感情はない政略結婚であったため破棄された事にそこまで悲しみはなかった。だが、マイペースなフレアもさすがに、舞踏会の参加者達からの嘲笑に耐えられず会場を抜け出した。


庭園に出るとフレアは込み上げてきた涙を拭きつつ、草むらにしゃがみこんだ。

すると、目の前の葉っぱの上に小さいカエルがいた。


「キャー!カエルだわ!」


フレアは恐怖からの悲鳴ではなく、喜びと興奮で歓喜の叫び声をあげた。なぜなら彼女はカエルが大好きだったからだ。


「カエルさん!可愛いねー!ツルってしてる所も、目がクリクリってしてる所も、ケロケロって鳴き声も、とっても可愛いわ!あー!心の傷が癒されるわー!」


すると、後ろから優しい低い声が聞こえた。


「好きな事に熱中している君は、とても魅力的だね」


振り向くと、細身で長身のキロス公爵の姿があった。

彼は先の戦で参謀として成果を上げたとの事で舞踏会の最初に紹介されていたので、フレアにも名前が分かった。なぜか25歳にもなって結婚しない変わり者として、有名であった。


キロス公爵は跪くとフレアに手を差し出し、キリリとした表情をヘニャリとした笑顔で崩し、優しい口調で語りかけた。


「フレア嬢、良かったら私と結婚してくれないか?」


フレアは初めて話すキロス公爵からの、突然の求婚に驚きを隠せずポカンと口を開けて彼を見上げた。


「じょ、冗談ですよね?からかうのは辞めてください·····」


「いや、冗談ではない。ずっと君に求婚したかった·····しかし、戦から帰ったあと、君は婚約をしてしまっていたから諦めていたのだ。先程の婚約破棄を聞きつけ、他の候補者が名乗りをあげる前に急いで求婚しに来た次第だ」


キロス公爵は真面目な表情でフレアを見上げていた。


「な、なぜ私を·····こんな、ダンスが下手な肉団子などと、どうして結婚を!?」


フレアは先程のショックのせいで自分は都合の良い白昼夢を見始めたのではと自分を疑いだした。キロス公爵はそんなフレアを見てまたヘニャリと笑って言った。


「ふふふ·····私は幼い頃にあなたに救われた事があるのですよ。そして、肉団子などではないです。私にとっては、むしろあなたが女性としての標準体型です。他のご令嬢方が痩せすぎだと思いますね。骨粗鬆症が心配です。それに、あなたのダンスのステップは間違っていなかった。婚約者の彼が、あなたの胸元に気を取られてステップを間違えていたように見えましたよ。·····急に言われて驚く気持ちは分かります·····でも、どうか、この求婚を受け入れてくれないでしょうか?」


フレアは何か裏があるのでは?結婚詐欺では?絶対何かおかしい?この人頭おかしくなってるのかも?罰ゲームかもしれない。などと思いつつも、ここを逃せばもう二度と誰も求婚はしてくれないであろう自覚はあったので、結婚をうけいれることにしたのだった。


***