「俺、誰にも本気になれねーの」そう言ったのは先輩。なのに、どうしてそんなに私を掻き回すの───






恋は盲目だ。







甘くてちょっぴり苦い。



しゅわしゅわと溢れ出た感情は


止まることを知らない。






「すきです、しゅうせんぱい。」






 




それなのに、一瞬にして弾けて無くなる───















※この話はフィクションです

 未成年の飲酒・喫煙等は法律で決して許されません。誹謗中傷は受け付けておりません。

 原画はお借りしております。