血と春を廻る〈完〉

作者一掬 朝

その呪いは何よりも大きな愛だった




「生きててくれるだけでもう充分だから」


画像タイトルを入力…