残量、1%【下書き溜まったら更新します】

作者梓 鹿乃

「俺みたいなの好きになってる暇ないんじゃない?」
ロマンチックな恋。…とは、正反対な彼。







彼に落ちたら満たされない。

そんな事くらい、あたしだって分かってる。




だけど、



「自分で思ってるより可愛いから。もっと自信持っていいんじゃない」




そんな言葉かけられたら、

惚れてまうやろー……



画像タイトルを入力…


ああ、もう。

こんな望みのない恋、今すぐ降りたい……。