わたしはそっち側の人間になりたかった。
そしたらもっと笑えたかもしれない





       「あっ……んっ………いっ、や」








          「どんなお前でも愛してる」


 







          「わた…んっ……しも」



 







          そういうと彼は、満足そうに笑った