濃密な時間でした…!文庫本一冊くらいのファンタジー読んだ気分です…!ひとつひとつの文章に、流れていく景色を見ました。
「死にきれなかったのさ」
この台詞で、鳥肌立ちました。わたし、このお話、すごい好きです、素敵なお話ありがとうございました!!