どうしようもないあんただから、どうしようもなくハマってんじゃない? 体裁とかリアリティとかくだらないもの捨てて、はやく俺のものになりなよ。




じわじわと蝕まれていく。

酸っぱくて、時々甘い何かに。



「もう遊ぶような歳じゃないんでしょ?」

「俺と本気になろうよ」

「どうしようもない大人のあんずさん」



ちゃんとしてないあんただから、

とことん世話して俺から離れられなくするよ。