滝永さんが気持ちに素直過ぎて色々ぶっとんでますが、すべては彼女への狂愛だと思うとちょっと可愛らしく感じてしまいました。すごくおもしろくて一気に読んでしまいました、お忙しいでしょうが続きを楽しみにしてます。