懐かしさに立ち寄った、学生時代を過ごした街の小さな喫茶店。
そこで聞こえてきた声は…。