新人作家の絢は、担当の勘違いによって男性独身寮に入れられてしまう。新居が見つかるまでの期間限定で、独身寮に身を置く
ことに。しかし、入寮早々癖の強い同居人に振り回されっぱなしで――





「ごめんごめん。

水野みずの琥珀こはくって男かと思ってさ――

独身寮男性限定に入寮手続きしちゃった」


「は?」


 ――笑わせてくれるわ。冗談じゃないね。




冷静沈着な新人作家


×


愉快な独身貴族たち