わたしが教科書を忘れる理由

作者秘色

現国の時間は、特別な時間。わたしは今日も、君と物語をなぞる。




わたしが教科書を忘れる理由、君は知らないでしょう?




それにはね、ちゃんと理由があるんです。