リスカする君と、止められないボク

作者森蒼

中学まで虐められていた二葉は、高校デビューをする為に、県外の全寮制の男子校に入学した。
初めての友達、初めての体験…そして、昔の唯一の友達だった『しろくん』に再会して…?

小学生の頃、ボクは虐められていました。


丸々と太っていたボクは『ブタ』と呼ばれ、

物を隠されたり怪我をさせられるのは

日常茶飯事でした。


父子家庭で仕事で忙しい父には相談できず、

先生も見て見ぬふり。



そんなボクに唯一優しくしてくれたのが、

しろくんだったのです。



しろくんは4年生の時に転校してしまいましたが、高校に入学した時、偶然にも再会を果たしました。


再会した時のしろくんは、

心も体も傷ついていました。



「今度は、

ボクがしろくんを守るから」



そう約束したボクはしろくんの傷を癒す為、

様々な事をしました。


身体の繋がりを持つ事になった時、

「しろくんだから」

という理由で、特に抵抗はありませんでした。



でも、しろくんの求めるモノは、

どんどん大きくなっていきました。



「しろくんの為に」


「しろくんだから」




そんな考えでボクの頭は埋め尽くされ、

気づいた時には、


もう手遅れだったのかもしれません。