夕暮れサーチライト

作者茉白いと

夕暮れに安心する俺と、夕暮れに絶望するきみは、たしかに同じ空を見ていた。



「太陽を浴びれば、きみに会いに行けると思ったんだ」