彼が隠した憂愁な秘密

作者茉白いと

「じゃあ、俺の秘密を暴いてみろよ」—―それが、彼のSOSだった。



人気者の逢坂くんが記していたとある〝記録ノート〟


そのノートの秘密を知ってしまったわたしは、

彼が隠している秘密を暴くという

不思議な取引をかわすことになりました。




(以前掲載していた改稿版です)

(※結末も以前のものと異なります)