瞼を閉じれば春はすぐそこに

作者依田 文子

老朽化した校舎、教室の窓から見えた中庭の桜の木、校門までの坂道、海沿いを走る電車。目に映る全てが青春の一コマで、私はあの瞬間、一つ年上の先輩に恋をした。




画像タイトルを入力…


初恋の痛みを、私はその時初めて知った



title失青様