キミの髪を、ほどきたかった。

作者魚澄にい菜

ほんとはずっと、奪いたかった。


そしてこの手で

君の髪を、解きたかった。