この手に、愛、そして、憂い。【完】

作者桜瀬 亜夢






人よりずいぶん早くやってきた


私の第二の人生は



どうやらこの男と歩んでいくことになるらしい




愛、憂い









藤川巴さま 小説企画

【勝手に年越し辞書企画】 参加作品