音楽が青すぎたから。

作者ルスブ

「音楽で世界をとるぞ」。新歓で会心の歌唱をした美少女ふたりにエロソングを歌わせる天才作曲家夜陣。しかし夜陣は最終的には片方を切り捨てると呟いていた。夜陣の冷淡さが許せない熱いピアニスト作曲家瀧華は、ライブバトルを申し込む!

学校きっての美少女と才女は跪いてエロソングを歌わされる屈辱に震えた。

だがそれは上向きで声帯を開かせる&怒らせて喉仏を下げさせ、上手く歌わせる為の荒技だった。


この男のドS言動には、全て裏の意味がある。


「音楽で世界をとるぞ」新歓で会心の歌唱をしたふたりを誘うドS作曲家夜陣。

夜陣の力を信じ、承諾するふたりだが、夜陣は最終的には片方を切り捨てると呟いていた。


その時、ピアニスト作曲家、龍華が乗り込んできて?!


*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆


夜陣疾風(やじんはやて)

「女は道具だ、作曲のな」

「お前の遺伝子、オレの曲で揺らがせてやる」

VS

龍華優雅(たちばなゆうが)

「歌い手は対等なパートナーだ!」

×

超ハイトーンボイス、流(みずぬき)せいか

&

重低音かつロングトーン、出蔵(でくら)レーレ


*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆


「リアルタイム・コンポジション」


 その青の、メロディはきっと、錆びない。



presents by ルスブ

*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆