初めて好きになったのはキミでした

作者立川万結

小さいころからずっと隣にいて、それが当たり前なことだった。
隣にいることが当たり前で、これが特別なものなんだって知らなかった。

川崎雛 高校1年。
幼馴染の園田一樹のことが異性として気になっていることに気づき、その気持ちを認めてしまい一樹に気づかれたくなくて違う高校に入学した。そこで、同じクラス…

初恋なんて叶わないとおもってた