「たすけて…」



声をあげたとき、手を差し伸べてくれたのは一匹の狼でした。

狼は猫の心を解凍できるのか…


一人の王が守る猫は狼に心を許すのか


人は何処か信じられなかった猫


信じられるのは、ずっと守ってくれた兄だけ...



黒く暗い影に囚われ続ける猫


影でも光でも孤独に生きる狼



光に照らされたとき、猫は.....





「luce」