最低な君に誘われた

作者はるか

私の好きな人には好きな人がいました。それは私じゃないそうです。
「今のままじゃ勝ち目ないね」そんなことを言う男はそれでも私の味方らしい。



私の好きな人は



──「あーあいつ?今好きな人いるよ、ゾッコンっていうの?そんな感じ」




……らしい。




「もしかしてあいつのこと好きなの?」

「僕が手伝ってあげる」





頼んでもないのに勝手に進めていく君はまるで




“クラッシャー”