あの男へ『復讐』する。そのためならば私は私の全てをかけて毒を食らい“毒”になっても構わない。







毒をもって毒を制す

毒を食らわば皿まで


ああ、まったくもってその通り



私は許さない。

私から大切な人を奪ったあの男を


誰を犠牲にしてもなにを失っても

たとえ私が私でなくなろうとも





必ずお前に復讐を───