都心から遠く離れたとある街にて"その洋館"は異様な雰囲気を醸し出していた。
知る人ぞ知るその"中の世界"は
世の女性、はたまた男性でさえも虜にしてやまない。