背中を押すのもあなただった

作者河本彩未

好きになった人は、絶対に好きになってはいけない相手だった。

結婚指輪に気付かず、好きになってしまった。
淡い恋心を抱き続ける私の背中を押したのも、やっぱりあなただった。