九条光樹は頭が良く、顔もいい。
女子にもモテモテ、周囲の者たちには完璧な人物だと思われていた。
将来も成功するだろうと期待されていたのだが、実際は何もせずフリーター。
バイトを掛け持ちして、なんとなく日々を過ごしていた。
そんな中、高校からの同級生、神崎涼太に誘われ、全国草花絵画コンクールの展覧会…








あいつに会うまで




何もない自分が嫌で仕方なかった




















アオイ絵の具


















登場人物


九条光樹

(フリーター)


穂村 結

(美大学生)


神崎涼太

(工業系の大学生)


永原玲奈

(美大学生、結の友人)


星乃美葉

(美大学生、結、玲奈の後輩)


飯塚弘信

(結たちの大学教授)


穂村 幸

(結の姉、カフェのオーナー)


月島由美香

(幸のカフェの定員)


中山美春

(光樹のバイト先の後輩)