自分の進むべき高校を決めあぐねていた、実はやればできるやつ(本人談)の、和久志。

これまでと同じように、そこそこで、そこそこな道を辿るのか。

でも、偶然が偶然を結んだその先には、濃厚で個性あふれる仲間が待っていた。